ストレスが多いこの社会、精神が圧迫される事が多い時代です。
どんなに精神力がある人でも、毎日ストレスにさらされれば、誰でもうつ病になる可能性があります。初めは自分がうつ病になった事を否定したくなるでしょう。
しかし月日が経つと、認めざるを得ないでしょう。
精神的な落ち込みはもちろん、体にも色々な不調が出てきて、否定できなくなるでしょう。
原因が無いのに胃腸の不調、食欲不振や便秘や下痢、それに難聴や肩の痛み等の関節痛を引き起こします。
ペットロス等の明確な原因があれば、うつ病という事を認識しやすいでしょうが、体の症状に合わせた診療をして、原因を特定できないと、いつまでも体の不調に苦しむ事になります。先ず言いたいことは、うつ病になることは別に恥ずかしい事ではありません。
心の風邪とも言われ、誰でもなりうる病気なのです。辛いことや苦しい事や悲しい事を真正面から受け止め続けると、どんな方でも心が折れる事もあるでしょう。
外傷と違い心の傷は、目に見えない分厄介です。他人になかなか理解してもらえないでしょう。うつ病は心だけでなく体にも影響を及ぼすので病院で治療しようそれでも最近は、心療内科や精神科のある病院も増えています。
これは精神の病が、少しづつ社会的に認知されている証拠です。昔は精神の病を発病すると、社会的に疎外されていましたが、今はずいぶん改善されてきました。そういう環境が整いつつあるので、もし自分がうつ病ではないかと思ったら、心療内科や精神科がある病院で診療を受けましょう。簡単に傷はいえないでしょうが、精神安定剤や睡眠導入剤や抗うつ剤等で、少しでも不眠の症状や精神の安定を図りましょう。
心の傷がいえるには時間がかかりますので、そのほかの部分を薬などで治療しましょう。
無理に頑張る必要は有りません、うつ病を克服するには自分の力だけでは難しいので、専門家の力を借りて少しづつ回復していきましょう。
更に家族の力を借りて、無理をせずに回復が出来る環境を整えていきましょう。